地を読み、知を深め、生きる力を養う


不意をついて襲ってくる天変地異。

予兆や予測で感知できるものもあるだろうが、想定外の災害が起こることのほうが断然多い。緊急地震速報も、ほんの数秒前の告知である場合が多いから、身構えるぐらいしかできない。

 

熊本地震がそうであった。2016年4月14日、熊本市益城町を震源とする震度7の大地震が発生。速報は熊本震度7を叩き出す。揺れたのは熊本や大分だけではない。九州が揺れたのだ。「九州は大地でつながる大きな舟」だと実感したのは、この熊本地震がきっかけである。

 

東日本大震災をはじめ、各地で自然災害が多発している。近年、九州北部でも豪雨被害が頻発、大きな被害をもたらした。

 

ふと足元を見る。

いま住んでいる九州、わが町についてどれだけ知っているだろうか。この地はこれまでどんな災害の歴史を刻んできたのか。なぜ地震被害が多いのか、土砂崩れが多いのか。地名にヒントが隠されていることもあるだろう。

 

「ちよみ」の「ち」とは、いのちの「ち」であり、かたちの「ち」である。もちろん知識や知恵の「ち」でもある。

 

地を読み解き、知を読み深めながら、生き抜くための力を養う。「九州ちよみ」は、もっとも求められるであろう生き抜くための「ち」を、あの手この手で手繰り寄せていく。

 

                                      

 

 


記録と伝承

物語と再生