寺子屋ひょうたん、2回目終了

 

4月からはじまった冊子講座「寺子屋ひょうたん」

今日で2回目となりました。

 

参加している筆子さんは、会社の幹部や女将さん。

普段とてもお忙しいのに、この2時間だけは特別に確保

してくださっています。

 

講座では往来物(テキスト)を読みながら、一つ一つ確認しつつ進めます。

前回より、さらに和気あいあいとした雰囲気で展開しました。

 

2時間の集中エクササイズ。

内容は筆子さんのみぞ知る、ということで非公開ですが・・

 

 

以下は、ひと通り終えたあとの“ふりかえり”です。

 

 

 「この手法はわたし好み。いろんな見方ができました!」

 

 「自分にも可能性がある、という気づきを得ました」

 

  「閉じていた扉の鍵を手にしたような感覚。

   パアっと開いていくようです!」

 

 

 

あー、愉しかったと背伸びして帰路についた筆子さんたち。

さぁて、いったいどんな鍵で、どんな扉が開いたのでしょうか!

 

 

次回は6月17日、壱座の最終回です。

 

 

※次期は夏以降の開講を予定しています。